泥水雅趣

あじま左官工芸は社寺建築、文化財を中心に幅広く営業しております。
古くからの伝統の手法を重んじ、新しいことにも挑戦する姿勢を忘れずに、
これからもあじま左官工芸は常に新しい開拓を努力して参ります。

新しいお知らせ

施工実績一覧

推薦のことば

Recommender

hokekyouji

大本山法華経寺 貫主 新井日湛

「あじま左官工芸」は、初代熊治氏の上京創業以来、二代目・康蔵氏、三代目・現當一浩氏と代々が篤信によって培われた正直にして誠実な一途の工風を守ってきました。その歴史の中で確かな技術を学び、培った優秀な職人集団です。吾寺が、昭和56年宗祖大遠忌を記念し南都の西岡常一氏を棟梁に、小川三夫氏を現場棟梁として祖師堂を重興した折、尾州材の木舞に荒壁を塗籠める「あじま左官工芸」の職人達の真摯で心打つ仕事ぶりは、忘れられないものです。これからも一層技を研き伝統を重ねられるよう熱祷いたしております。

photo-kusumi

泥水師 久住章

旧友の友であり、私にとって真に技術と文化を語り合える職人仲間として、たがいに現場を往来する仲でもあります。阿嶋さんのように謹言、実直、誠実な人柄が建築の文化を守り育て、歴史を作る担い手になると信じています。急な飛躍を望む職人では、このような過去、現在、未来をつなぐ地道な仕事は勤まりません。東京を代表する左官として「あじま左官工芸」を応援します。

photo-kyoudo

土のソムリエ 挾土秀平

あじま氏は愉快かつ実直な左官。全国に散らばる心ある左官職人からも、深い信頼をされる人物だ。季節移ろう四季の中で対応していかなければならない左官。左官=【水物仕事】にマニュアルはなく、単に腕が良いだけでは、この仕事は成立しがたい。統一された漆喰の肌合い、一枚の大きな塗り壁は、職人を束ねる力とチームワークではじめて仕上がる。あじま氏は、そんな人間力のある左官だと思っている。

ごあいさつ

Greeting

「確かな技術で確かな仕事」あじま左官工芸

創業から90年、私たちは「誠実で貫く、伝統の技術」をモットーに、社寺、文化財、エコロジー住宅などにおいて数々の左官工事に挑み、多くの皆さまからご高配を賜り歩んでおります。

左官による漆喰、珪藻土、京本壁、土壁は、自然素材を存分に使用し、環境はもちろん、身体にやさしく、日本の風土に適した工法です。そして、幾多の伝統建築を次代に継承するため、何十年、何百年と“永続的に必要とされる仕事”です。

今後も皆さま方の多様なご要望にお応えするため、技の研鑚に励み、先人、古人の残せる幾多の輝かしい作品と歴史に、更に光彩を加えて行けるよう、努力を積み重ねてまいります。より一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます

株式会社 あじま左官工芸
代表取締役 阿嶋一浩

会社概要

Company Brochure

社名株式会社 あじま左官工芸
創業大正10年頃
設立平成2年4月
所在地〒125-0062 東京都葛飾区青戸8-19-11
連絡先TEL:03-3690-2108 / FAX:03-3690-4027
メールtop@ajimaart.co.jp
ホームページhttps://ajimaart.co.jp
資本金10,000,000円
代表取締役阿嶋 一浩
東京都葛飾区青戸8丁目19−11

採用情報のお知らせ

創業から90年、私たちは「誠実で貫く、伝統の技術」をモットーに、社寺、文化財、エコロジー住宅などにおいて数々の左官工事に挑み、多くの皆さまから高く評価されています。左官による漆喰、珪藻土、京本壁、土壁は、自然素材を存分に使用し、環境はもちろん、人体にやさしく、日本の風土に適した工法です。別の言い方をすれば、先人が遺した幾多の伝統建築を次代に継承するため、何十年、何百年と“永続的に必要とされる仕事”です。私たちは今後も技の研鑚に励みます。そして“若く意欲に富んだ方”との出会いを大切にし、その可能性を育て、一緒に歩んで行く考えです。

お気軽にお問い合わせください。03-3690-2108

お問い合わせ