【重要文化財/内田家住宅】(埼玉)

設計監理:公益法人 文化財建造物保存技術協会 
施工:田中社寺株式会社 
工法:小舞下地土壁中塗り仕舞い

 旧内田家住宅は埼玉県・秩父市に位置し、江戸中期の大規模養蚕農家であり、秩父市唯一の重要文化財です。今回の修理工事で発見された文書調査で享保16年(1731年)に建てられたことがわかりました。現在に至るまで290年の歳月を生き残ってきた貴重な建築遺産です。左官工事では内外の土壁中塗り仕舞い、内部漆喰仕上げ、土間・外構の三和土(たたき)を伝統工法に忠実に仕上げました。

◇旧内田家住宅に関する情報(秩父市公式)
古民家再生 秩父市 内田家住宅保存修理工事